GoogleMapsAPIをウェブで利用する

GoogleMapsAPIはグーグルの地図サービスが開始されてすぐに提供されています。
もともと地図を表示するだけのサービスでしたが、地図上の商店情報やルート検索、距離計算など各種地図サービスが充実してきており、GoogleMapsAPIとしてそれらのサービスが他のアプリやウェブに提供されてきています。
当初無料で提供されていましたが、地図の表示以外は有料化されており、また、地図についても広告が表示されるようになっています。GoogleMapsAPIは有料のサービスですが、無料枠も用意されており、個人や小規模アプリ、ウェブでは無料で使えるように設定されています。GoogleMapsAPIを無料で利用するには登録する必要があります。

登録にはグーグルアカウントがあればいいのですが、クレジットカードやデビットカードで本人確認をすることで無料枠を大幅に増やすことができます。

GoogleMapsAPIの人気が上昇しています。

また、クレジットカードを登録してもすぐに課金されることはありません。


1日の課金額を設定できますので上限を0にすれば無料で利用することは可能です。

あなたが求めるYOMIURI ONLINEの有益な情報を提供します。

GoogleMapsAPIの無料枠は特に地図データの取得で有効です。



本人確認をするだけで1日15万件までの地図上の商店次データなどを無料で取得可能です。


また、ルート検索なども1日辺り2500件まで無料化されますので多くのアプリやウェブでは十分な数と言われており、採用するサイトやアプリが急増しています。