GoogleMapsAPIが無料で利用できる仕組み

従来、個人や会社のホームページに地図を掲載する場合は、地図の会社のページにリンクを張って、掲載することが一般的でした。


そして、掲載する為のコストも高額なものになり、容易に導入出来るものではありませんでした。
そこで登場したのがGoogleMapsAPIで、無料でGoogleの地図を利用することが出来るのが特長です。

GoogleMapsAPIの特別な情報を載せています。

Googleの地図は世界中の殆ど全ての地域を網羅しており、閲覧者の利便性も高くなっています。
従来の地図が限られた地域に限定されていたのに比べると、格段の使い勝手の良さがあると言えます。

さらに、GoogleMapsAPIはJavaScriptを使用しているので、サーバーサイドのプログラムの変更や更新を必要としません。


加えて、設置に関しては無料のスペースを利用することも出来るわけです。


ページ閲覧者サイドの利便性としては、地図のスクロールがドラッグのみで行えることも挙げられます。

どんな人にもAll Aboutのクチコミ情報を求めています。

従来の地図ではページ移動が必要でしたが、GoogleMapsAPIではAJAXブラウザによって、自由な地図の閲覧を可能にしたわけです。


GoogleMapsAPIには、マーカーを立たせる機能が標準装備されており、出発地から目的地までの距離や所要時間が分かります。



マップ上に経路を自由に描けるので、迂回経路の検索も素早く行えます。

また、現在も衛星写真を使って地球規模の地図の作成が進んでおり、地図だけで世界旅行の夢が広がります。


そうした機能が無令で利用できる仕組みとしては、地図に広告などが掲載されるからで、閲覧の上は障害になるものではないと言えます。